着なくなった服を売りたい

ヒステリックグラマーを知ったのは、今から10年位前の高校生の時ですかね。その当時自分はサイケデリック系のアートに興味があって、70年代くらいのサイケデリックロックやハードロックなんかをよく聴いたりしていました。

 

ある日、知り合いと入った古着屋でたまたま何やら強いオーラを放っているかのようなTシャツを見つけました。その時は何も買わずに帰ったのですが、何となくそのTシャツが頭から離れなかったので、数日後その古着屋で購入しました。

 

そのTシャツに「HYSTERIC GLAMOUR」と書いてあったので、それをネットで検索したのがヒステリックグラマーとの出会いですかね。価格も割と手頃なので手も出しやすかったですね。

 

それ以降一気にハマり、今現在に至っています。このブランドは、決して万人受けするデザインでは無いのかもしれませんが、それだけに身に付けることで強烈な個性を放つブランドであると思いますし、今まで自分と同じようにこのブランドを愛している人、数人と知り合ったことがありますが、みんなそれぞれ一癖も二癖もある個性的な人間でした。

ヒステリックグラマー

 

ファッションには流行り廃りがあり、これまでに色々なスタイルが流行してはなくなっていきましたが、ヒステリックグラマーは大ブームにはならないかもしれませんが、この先ずっと長い時間愛され続けるブランドだと思います。

 

このブランドは自分も含めて男性からの支持も多いのですが、どちらかと言うと女性にファンが多いような気がします。自分があった人たちも女性のほうが多かったですね。でも、最近は超有名アイドルのキム○クも愛用しているブランドなので、男性の方も来ている人が増えているのかなぁ、って感じですね。

 

荒削りながらもワイルドでダークで、とにかく個人的にはカッコいいブランドだと思うので、一生着続けたいですね。大好きです。

 

でも、中にはさすがにもう着れないかな…といった服が何点かあります。着ずに持っていてもいいんですが、やっぱり勿体無い。
そこで、着なくなったアイテムは買い取り業者に買ってもらうようにしています。

 

ヒスの服は人気があるので、古着でも予想外の額で買い取ってくれる事もあるんですよ(^^)/
中にはレア商品なんかもありますしね♪

 

着なくなった服がある場合は、買取店に出してみるのがいいですよ。オークションなんかよりも確実でお勧めです(*^^)v

 

 

 

ヒステリックグラマーの高価買取店 フクウロ
 

ヒステリックグラマーの買取ならブランド品買取専門店の【フクウロ】を利用するといいですよ。
フクウロは、ブランド品のバッグやお財布ははもちろん、ヒステリックグラマーなどの洋服ブランドも高く買取してくれますよ。

フクウロ

 

ヒステリックグラマーは今でも人気のブランドなので、古着でも思った以上の査定額で買い取ってくれる事もあります。
リンカンは郵送買取も利用できるので、わざわざ店舗まで足を運ぶ必要もありません。

 

利用方法はインターネット上で申込みして、商品を郵送するだけでOK!送料はフクウロが負担してくれるので、一切費用は掛かりません。
また、送る時に梱包用の箱が無い場合には、無料で郵送キットを送ってもらう事もできますよ。

 

商品を送った後は、査定額の連絡を待つだけです。基本、到着後その日のうちに査定してくれて、連絡が入ります。

 

査定額に納得できた場合はそのまま買取してもらい、お金を口座に振り込んでもらえます。査定翌日には口座に振込してもらえるので、急ぎの時でも安心ですね。

 

また、査定額に納得出来なかった場合はもちろん無料でキャンセルすることが出来ますよ。商品の返送費用も無料なので、お金がかかる事は一切ありません。

 

それなので、もう着用していないアイテムがある場合は気軽に利用してみるのがいいですよ。予想外の金額になって得しちゃう!なんて事もあるかもしれませんね(^^♪

 

 

≫フクウロの買取査定申込みはこちら

 
オークションと古着屋どっちがいい?

流行りものや人気のブランドならオークションの方が高く売れる可能性があります。ただ、オークションは手間がかかります。商品説明の入力、取引連絡、梱包発送…。そして、ヒステリックグラマーには偽物が流通しています(; ・`д・´)本物と偽物は品質表示の字体や素材・衣類に使用されるスナップボタンが違ったり、ブランドタグがっ全然違ったりします。なので、オークションでは落札する側が警戒してなかなか落札してもらえない可能性もありますね。
古着屋には持って行くだけでいいのでオークションよりはるかに面倒くさくはないですが、目利き力のないバイトの店員に当たると良い値段で買い取ってもらえないですし(;´Д`)でもキロ単位で買い取りしてもらえる古着屋はよく利用しますよ。
私は最近、ティンバーランドのブーツとカジュアルブランド服、高級ブランド財布をネットで買取してもらいました。「これ着れる?!」って状態のものは古着屋やリサイクルショップに、ブランド物はネットで買取してもらう、と使い分けていますよ。

ヒステリックグラマーの中でもどのようなものが高価買取してもらえますか?

芸能人にも愛用されているブランドですので、人気芸能人が着用したデザインのものだと高価買取してもらえる可能性大です('◇')ゞ例えば、SMAPの木村拓哉さんがジーンズやTシャツを着用しているのをよく目にしますね。あとは嵐の桜井くん、KAT-TUNの亀梨くんが愛用しているようです。流行の先端の木村さんが身に着けているものなら、高価買取してもらえるに違いないでしょう( `ー´)ノ
あと、ヒステリックグラマーといえば、ベルトやアクセサリーも人気ですよね。シルバーが酸化してしまってくすんでいるものや、保証書のないもの、付属品がないもの、ゆがみがあるものでも買い取りしてもらえます。ブーツはソールが変形していても大丈夫ですよ(*'▽')ダメージ加工のデニムでも、普段からきちんと手入れをした物であれば高価買取してもらえる可能性はあります!

 

今での人気のヒステリックグラマー

今も昔と変わらない魅力。

アラフォーの私にとっては、まさに青春時代の懐かしいブランドです。ちょうど高校生くらいの時に流行していました。当時流行していたオリーブなどのファッション雑誌にも多く取り上げられていました。

 

高校生の私にとっては、まさに憧れのブランド。イラスト入りの長袖Tシャツに黒のミニスカート、黒のタイツに厚底ブーツ、真っ赤な口紅を塗るというスタイルをみなこぞってしていました。長袖Tシャツが当時の価格で1万円。

 

高校生には到底手の出ない金額です。穴あきデニムや黒のパンクスタイルのパンツなどは高嶺の花でした。そんな中、頑張ってバイトして念願の長袖Tシャツを購入しました。

 

お店に入るのも大緊張。お店に行くために、まずはオシャレをしなくては、と意気込んで行ったのを思い出しました。当時のお店の雰囲気は少し悪い子風な雰囲気がありました。田舎育ちの私にはなかなか入りにくかったです。

 

大人になり、最近では、ヒスのデニムが履きやすくてリピート買いしています。アラフォーの私にもぴったりのデニムです。しかも最近ではオトナ向けの雑誌にもヒスは多く取り上げられているので、何の躊躇もなくお店にも入れ、購入も余裕ですることができます。

 

高校生の頃の私には手が出なかった品々がアラフォーになり、買うことができています。懐かし思い出とともに、20年以上経っても古くなく、今の時代にピッタリとマッチしているブランド、ヒステリックグラマー。

 

最近ではベビー用品やら、子供服など若い世代のママたちがこぞって着せていますが、私も今そのくらいの年代だったら間違いなく購入してしまうくらい魅力的なブランドだと思います。全てを揃えたくなってしまう魅力があります。

 

人形のような人間が着る服の象徴

ヒステリックグラマーと聞いて「懐かしいな〜」と思いました。私は36歳の主婦ですが、大学生の頃、今から15年程前、
ヒステリックグラマーの服に大いなる憧れを抱いていました。

 

今ではどうなのか分かりませんが、当時は、若い子限定のファッションビルだけでなく、百貨店にも入っていました。

 

なので、服を買いにブラブラしていると、よくヒステリックグラマーのお店を見かけました。マネキンが着ている服を見ては「いいな〜」と思ったのを思い出します。ヒステリックグラマーを「ヒスグラ」と呼んでいましたが、ヒスグラの服って、かなり細身です。

 

Tシャツもピチピチだし、特にパンツが細かったのが凄く印象的です。当時、ベルボトムのジーンズが流行っていたのですが、お尻、太ももがピチピチなのです。

 

それで、裾がガーっと開いていて凄くカッコ良かったです。あの細いジーンズを履きこなそうと思えば、よっぽどのスタイルにならないと無理だと思いました。

 

試着してみたかったけど、それすら恐ろしくて無理でした。あの細さを履きこなせるのは不健康なミュージシャンや、何を食べても全く太らない特異体質の人だと思っていました。

 

私は、「非人間的タイプ」に憧れていました。思春期になると、人間って人間らしくなっていくじゃないですか。女性は肉付きが良くなってくるし、男性は毛深くなったり。

 

それとかニキビが出来たりとかも。「その生身の人間味が気持ち悪いな…」と当時は強い嫌悪感を抱いていました。なので、顔の色も真っ白で、余分な贅肉など全く無くて、「全てが剥ぎ落とされた人形のような人間」に憧れていたのです。
その人形のような人間が着る服の象徴が私にとってヒスグラでした。

 

試着もおこがましいし、試しに買うにも、値段がかなり高いので、学生の身で、似合うかどうか分からない服、そもそも、入るかどうか分からない服を買う勇気も無く、いつも前を通っては、「こんな細みの服が入る人間になりたいな〜」と思っていました。

 

買取店に持っていってみて

財布を買い替えたので、以前使っていたブランド品の財布を売るために、何軒かブランド買取専門店やブランドアイテム強化中のリサイクルショップを巡りました♪

 

1軒目のブランド買取専門店では4000円、2軒目のリサイクルショップでは2000円、3軒目のリサイクルショップでは3200円でした…

 

お店によってこんなに値段が違うのか…Σ(・□・;)と、とても驚きました。「〇〇では4000円だったのに!」と店員さんに言いましたが、「うちはうちです」みたいな態度。店員さんにもよるかと思いますが。当然一軒目のブランド買取専門店で売ることにしましたが、一軒にしぼらず色々なところで査定してもらうのが大切だと実感しました。